プログラミング教育の目的

この度プログラミングが小学校でも導入されることが決まったプログラム教育の目的はどのような物なのでしょうか?
携帯電話などに見られるように最近はネット関連の機器が世の中にあふれていますので、プログラミングを通じて電子計算機についての知識を増やして行くことが必要です。
それが第一の目的であるのは言うまでもありません。

しかしながら、そうでしたらそんなに早く電子計算機の教育を始める必要はないということも考えられます。
小学生に対して電子計算機の教育を行って行くことはクリエイティブな思考を子供たちに身に着けさせることも目標にしています。

電子計算機の教育をする際に子供たちにどのようにしたらより便利に電子計算機を使えるようになるかを考えさせることも指導するような内容となっています。
クリエイティブな思考方法を身に着けるには時間がかかりますので、じっくりと定着させることを目指しています。

新しい科目が導入されることになりますので、従来の先生では対応できない部分も出て来ます。
電子計算機の指導をすることができる新しい人材の育成も急務となって来ています。

また、電子計算機を使えることによって世界中の人とネットでつながることができるようになります。
ネットは非常に便利なものですが、一方で大きな危険性も持っています。
その危険性についても子供たちに教育をすることも行っていきます。

便利な物を使う場合にはどんなものであってもそのリスクを十分に知っておくことが必要です。
子供たちにリスクを十分に理解した上で安全に電子計算機を使うにはどのようにすればいいのかについて自分たちで考えてもらう指導も行っていきます。

新しい教育課程は小学生対象のものですが、非常に洗練された内容となっていますので、大人が学ぶのにも最適な物です。
お子さんと一緒に親御さんも一緒に電子計算機について学ぶ機会を持ってみても良いでしょう。
新しい時代を快適に生活するためには必須のスキルではないでしょうか?